やったぜ

私の第4作目になるスピーカー、石田式BHBSによる20cmフルレンジ(+スーパーツイーター)、とりあえず完成しました。
三島までの遠征の成果が求められている場面での、低予算、かつ短時間の製作でした。

低予算、短時間は石田式BHBSの簡便性を確かめる為の制限でした。私が金欠だからとか設計がめんどくさいからと言う面も大きいですけどw
ユニットは使いまわし(Tangband W8 1808、Dayton AMT2-4)板代とボンドとアサヒペンスーパーメイクアップシート代で15000円でした。作業日数2日。

設計図はこんな感じです。
IMG_20170524_105429[1][1]

すげー適当です。91×45×28.6cm、100リットルくらい、音道の板は23cm2枚、30cm2枚で、適当にこのくらいかなと言うセッティングです。

結果から言うと大成功だったのですが、最初に音出ししたときは心が折れかけました。
低音出ず。(それでも普通のバスレフ箱のときよりは出ていました)
たった2日とは言え、1.8cm厚の重いサブロク板を2〜3枚振り回してたのでもう、体力的にも精神的にもキテました。
まずTangbandのユニットが馬鹿野郎のようにハイ上がりで、それを殺すためにコイルを入れ、ツィーターで補正(ここまでは予定通り)、第一空気室に2リットルのペットボトルを入れ、スロート部に雑誌を一冊収納、でここが肝心だったのですが、バスレフダクトを10cmほど延長させました。
低音が出ました。
img_19.jpeg

石油を掘り当てた気分でした。

30Hzあたりまでフラットでキビキビした低音です。質の面ではFOSTEXのCW250(密閉サブウーハー)を凌駕してます。

欠点といえば、やはりツイーターを入れたせいで定位が良くないことでしょうか。いわゆるスピーカーが消えた!って言う現象の真逆、スピーカーがここにある!って言う感じがあります。できればフルレンジ一発でやりかったのですが、大径のTangbandのW8 1808の素性があまり良くないので仕方ないです。

ありあわせのユニットで簡単に作って、ここまで低音を引き出せたのは本当に素晴らしい。これは石田式BHBSでなければ出来なかったことでしょう。

IMG_20170524_105503[1]
スポンサーサイト

夢破れて山河あり

タブレット操作、だいぶ慣れてきました。かなりいい感じです。
Foobarconの有料版、Foobercon Proも買っちゃいましたよ。課金ですよ。今流行りの。課金厨、ガチ勢です。
プロでは、広告がなくなるほか、ファイル選択の際の背景を黒にできたり、端末をフリフリすると一時停止とかできたり、あとなんかよくわかんないメディアボタンイベントの設定とかできるようです。

IMG_20170124_145717.jpg

見た目だけで選んだタンバンのW8-1808、日が経つにつれハイがシャカシャカ貧相な音になってきてました。
なのでさり気なくツイーターを入れました。一見、フロントバスレフポートと思いきやな位置なので、高い音が下から聴こえると言う難点が……。ちなみにネットワークでW8-1808のハイカットをしているのでもうフルレンジじゃなくウーファーとして使ってるということになります。勿体無い。
一時は大径フルレンジバックロードホーンを夢見たのに、普通のバスレフ2wayです。

ビンテージ風?

いつの間にかアーマード自作3号スピーカーはビンテージルックを目指すようになってました。
3つ前の記事に「パット見LowtherとかVoxativみたい」なんて書いてるからその頃からすでにビンテージが頭の隅にあったようです。(LowtherもVoxativも現役企業で正確にはビンテージじゃないんですが)

ビンテージというとどういうのだろうと、よくよく考えてみて、セッティングは平行法(壁と平行に置く)だなと、思いついてやってみました。

IMG_6115.jpg

若干それっぽくなったと思うのですが……

さらにビンテージスピーカーで画像検索して気づいたのは、やっぱり昔のスピーカーはサランネットがついてることです。
でもサランネットを付けるとせっかくのW8-1808のかっこよさが隠れてしまう

では、この手は……

ebcf16c0f65607d428fd1da61c4a56ad.jpg
(画像は拾い物)

KEFというと(ってわけでもないんですが)LS3/5Aですね。
ビンテージってわけでもないんで、連想としては微妙なんですが、とにかくあの「マジックテープ」を思い浮かべたんです。
ハーベスのスピーカーなんかもこれ見よがしにマジックテープが貼ってあります。
さらにウチの母が裁縫を趣味にしているんで、余るくらいマジックテープがありました。

やってみました

IMGP3719.jpg

かなり迷走してます。
明日、明るくなったらどうするか決めようかと思います

アーマード・スピーカーが2台も!!

神サイト自作スピーカー設計プログラムを駆使してW8-1808のバックロードホーンをシミュレーションしてみたのですが、今の箱の構造、サイズではどうやってもうまい具合に低音を持ち上げられないことが判明。
バスレフが良いみたいでした。

で、

IMGP3691.jpg

バールと万力で音道ぶち破りました。
これに蓋をしてバスレフで鳴らしてみたのですが、蓋との間に隙間が出来て&箱鳴りがあって、低音がボワボワです。

新しく作るしかないだろうと思い、材料を探しにホムセン巡りをしました。

・パイン集成材 25mm厚 サブロク7000円くらい (パネルソーなし・カットサービスなし)
・MDF材 18mm厚 サブロク3800円くらい (パネルソーなし・カットサービスあり)
・MDF材 15mm厚 サブロク3200円くらい (パネルソーあり・1カット50円)

パネルソーでカットしたほうがやっぱり精度があります。
でもサイズ的に箱鳴りを抑えるには25mm厚くらいないとダメでしょう。
板は二枚必要ですし、塗装代を含めると予算オーバー。

で、結論から言うと、頑丈に蓋をしました。

IMGP3693.jpg

xlarge_image_jpg_pagespeed_ic_qVoriv8RnN.jpg


さらに使いまわしです。
新しく作るより、板の量は半分以下に抑えられ、板厚も稼げて、化粧板なので塗装いらず。
そして何より、いらなくなった箱の処分いらず。(←このメリットは自作SPを作る人ならよくわかると思います。)

肝心の音は、大成功でした。クリアで量のある低音です。

ついに開発!

lpbh.jpg
ルーズプレッシャーバックロードホーン(LPBH)!!!
BH特有のピークを緩和しることに成功! 当然、低音の量感も減る!
空気室の気密性を下げるだけです。

苦肉の策です。
買う前に気づくべきでしたがこのユニットをBHで上手く鳴らすにはもっと大きさがいるみたいですなあ……

プロフィール

Abbe Gelinek

Author:Abbe Gelinek
DAC:HEGEL HD25
AMP:HEGEL H80S
SP:KEF Reference 1/TangBand W8-1808+Dayton AMT2-4 石田式BHBS/Fostex T90A+Fostex FW168HR BS+Fostex CW250A/
CDP:TEAC PD-H600
HPA:nuforce iconHDP
HP:AKG K701/AKG K601/SENNHEISER HD650
POWER:KOJO TECHNOLOGYAray MKII

にほんブログ村

オーディオ ブログランキングへ

なんかランキングっぽいやつ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム