fc2ブログ

部屋の美観は重要

ネットなんかで自作をしない人と話すと割と高頻度で「自作派は見た目を気にしないのがNG」と言うような感想を貰います。硬派な自作派の「オーディオの本質は音質。見た目などどうでもいい」と言う意見も言いたい事はわかりますが、それが自作を敬遠させ新規参入を減らす事態になってしまっていてはいただけません。
それに私はオーディオの本質を「"部屋で聴く"音質」であると考えます。ただ音質だけならばコンサートやスタジオで聴くべきでしょう。自分の部屋で聴くのだから部屋の過ごしやすさも気にすべきだと思います。作るのが楽しくてしょうがなく見た目が疎かになる心情も理解できますし、そう言う人が極めて行くとスタイルを感じさせる見た目になるパターンもあります。しかし、それはごく稀でしょう。

困ったことに、そう言った見た目の評価というのは、本当にセンスのいい人しか自分の部屋には反映できないと言う難しさがあります。他の人の部屋を見てなんかカッコ悪いなと思っても、そう思ってる自分の方が酷いと言うのに気づくことは難しく、私なんかもモロにそんな感じかと思いますw 自分の部屋なので、見慣れてしまって変な箇所に気付けない感じでしょうか。自作をやらない人でも酷い部屋になってるパターンは、この罠も大きなの要因の一つな気がします。
以前、記事でも書きましたが、撮った自分の部屋の写真を左右反転にしてみると言うやり方は、割と効果的だと思います。アニメーターなんかが紙の裏から見てバランスを確かめる技の応用です。

私の部屋のこれなんですが

IMG_1562.jpeg

青枠の中のやつは反対側の壁がCDラックになっているため、片方を平坦な面にしておくとバランスが悪くなると言う理由で設置しています。ファブリックボード(ファブリックパネル)と呼ばれるインテリアを模した物で、中には乱反射のために夏に軒先に立てかけたりして使う葦簀をはめ込んで、裏にはフェルトも貼り、被せる布は大きいものがなかったので適当な布を繋いででっち上げた物です。
これ、反転する前からわかっておりましたが、反転すると余計に異物感を感じます。色合いもなんか単調でダサいです。

だいぶ前から変えたかったんですが、おしゃれな布って結構高いんですね。適当な手芸用品店に行っても、服に使う布しか置いてないので、柄が細かすぎてファブリックボードには使いにくいです。ガチのオーディオ用のパネルを買うのもちょっと勇気が要ります。

ずっとAmazonで探していたところ、中国製ですがサイズもかなり大きく、値段も爆安なこちらを発見しました。

IMG_1710.jpeg
Gaomi壁掛けモネの背景布インテリア背景壁タペストリー壁掛けビーチトウタペストリー壁カーペット寮の装飾毛布 (230*150CM, Y1)

Moentのタペストリーです。「萌人」と書いてモエントなのかもしれません。
レビューはなく、販売業者も評価がヤベえ感じです。
おそらく「色が薄い」か「サイズが小さい」か「薄汚れている」、「解像度が酷い」、「絵がそもそも違う」のいずれか、もしくは全部だろうと言う予想がありましたが、ダメでも後悔するような値段ではないので思い切って行ってみました。
約2週間で到着しました。

IMG_1700.jpeg

Monetの小麦畑と言う作品。(PCの壁紙もモネ)
品物の品質は申し分なく、まあこれだけ見ると見た目は良いです。しかし部屋全体で見ると趣味が悪くなったかもしれませんw ふちの部分のモエントなどの文字はハサミでカットしたので問題なし。実は縦横の比率も実物とは異なるんですが、そもそもサイズが実物よりだいぶデカいのでこの際気にしませんw(絵の部分だけのサイズは198cm×110cmで、うちで使ったファブリックボードのサイズは180cm×90cm)
2400円でこれは大したもんです。

あと手作り感満載だったこれも

IMG_20180503_093209.jpg

こうなりました。

IMG_1704.jpeg

右のフェルドマンですが、1番好きな曲の音源(SQの2番)はデータで購入していたので妥協してこのディスク(Trio)を飾っておりました。この際なのでCDも買っておこうかと思ったのですが、同じ音源を2回買うのは勿体無いので、レア盤になっているFor Christian WolffのBridge盤を購入しました。今アメリカからの船に揺られております。レア盤ですけど普通にサブスクで聴けるので勿体無いといえば勿体無いのですが。

最初の話に戻りますが、そもそも部屋の過ごしやすさなんて、部屋の持ち主が満足してればそれで良いんですから他人がどうこう言う問題ではないですね。新規参入なんてクソッタレですよ。


IMG_1709.jpeg
スポンサーサイト



ファー友募集中

どうでも良い話ではあるのですが、私が使ってるhypexのアンプ(Fusion Amp)、今までアンプ部のハイエンド機器への採用歴は数えきれないほど多数、確認しておりましたが、DSP部分はスタジオ機器への採用しか知りませんでした。
ツイッターを見ておりましたら、LYRAVOXというドイツのメーカーでハイエンドの民生機器としての採用を発見しました。
IMG_1694.jpeg

こちらのKarl IIはペア62,800ユーロ、円にして1000万を超えます。Accutonのペア100万するダイヤモンドツイーターなどをhypexのDSPとアンプで鳴らしてます。10 Power Amps ClassD 4th Gen. NCORE 2400W Total Power (per pair)とのことで搭載しているアンプについては、Accutonは9Ωのものもあり9Ω時のアンプの出力が不明なので想像なんですが、FA503だとオーバースペックで、おそらくうちと同じFA253とFA502なのではないかと思われます。導入時の設定なんかもやってくれて1000万円するのでしょう。
いずれにしても、うちの機材のポテンシャルが1000万クラスに届いているというのがわかって嬉しいですね。「ふーん、なんだD級だしDSPなんて使ってんじゃん」みたいな印象を持つ人にはこれで言い返せますw
皆さんにもオススメします。あんまり使ってる人を見ないのでFA友(フュージョンアンプ友達、読み:ふぁーとも)を増やしたいw ちなみにFA友はFart(屁)で挨拶をします。

もう一つ話題がありました。Apple Music Classicsについてですが、うちはPCの音源をコントロールアプリを入れたiPadで操作してPCから音出ししてるので、PCで再生できないしコントロールアプリもないこのアプリはやっぱり使いにくいです。
音源も結構ありますし、検索もレーベルで検索したりというのができるのでなかなか良いのですが、うちのシステムで聴くためにはDDCに繋ぐUSBケーブルを常に挿している必要があり、手持ちの音源と切り替える際の挿し替えも面倒です。USB切り替え機も持っていますし、サブのiPadもあるので現状で最大限に便利な運用はできているのですが、やっぱり面倒ですね。
IMG_1692.jpeg
↑昔ワゴンセールで買ったやつ

今Amazon musicを解約していたのを無料期間で再開していて、Apple musicとAmazon musicの両方ともお試し期間中なのですが、どちらにするか、あるいはどちらとも解約するか悩ましいところです。

ラスクを買った

おいしいですよね、多孔質鋳鉄ラスク。
逆振り子立て掛け構造の薄型サブウーファーSW4/6/1Tの導入により、床の振動がかなり軽減しましたが今度はメインスピーカー(LS1/5/2A)からの振動が気になっておりました。
対策は3つほど考えておりました。
まず、オーディオボードとして使っていた化粧板の下一面に耐震ジェルマットを大量に貼り付け、振動を吸収する方式。Amazonに巨大な耐震ジェルマットがあるのでこれを8000円分くらい買って板の全面に貼り付ければどうにかならないかと言う案でした。しかし、北欧風サブウーファーでの経験からジェルマットを信頼しすぎるのも危ないと言うのがあり、ジェルのマットを8000円分も買って失敗したら目も当てられない状況になります。そこで考えたのが第2案。このように↓
IMG_1681.png
スピーカーの後方の脚部のみジェルマットを敷き、SW4/6/1Tのように水平方向の振動を軽減すると言う策です。これも効果は疑わしいですが、ジェルマットの量は控えめなので失敗時のリスクは軽減されます。
もう一つは、北欧風サブウーファー解体時に余らせていた板バネの鉄の棒板を使ってどうにかすると言う方法です。しかしこれも北欧サブで失敗してるので効果は疑わしく、今回は北欧サブのように垂直の振動ではなく主に水平を主とする振動なのでいくらか希望がありそうですが、見た目がカッコ悪くなりそうなので踏み切れません。

そうこう悩んでいたところ、ヤフオクでちゃんとしたオーディオボードを格安で落札してしまいましたw

IMG_1676.gif

RASK I-6040Fです。
このRASKというのを私は過去に全く聞いたことがなく、ホームページをちょっとみて正直な話、完全にオカルトグッズだと思いました。このサイトですが、オーディオ界隈でよくある、昔ちょっと流行ったけど今はもう事業を撤退しかけてる感じのガレージブランド臭がプンプンしますw しかし、よく調べると最近もJRやら六本木ヒルズやら日本中の公共施設やらに採用されてるバリバリのものづくり企業でした。アスファルトみたいな見た目の多孔質の鋳鉄の板「ラスク」で、吸音・制振を要する設備に多数、導入実績があります。会社名のスイサクってなんかケルナグールのキャラにいそうですね。

とは言えやっぱり使う用途が各々違いますから、うちで使ってどうなるかが全てです。評判だけでは音は変化しません。

IMG_1674.jpeg

結構、美品です。
しかしよく見るとコレ

IMG_1686.jpeg

ここにしかラスク入ってなくね?……
板をコンコンと叩いてみると確かに四隅の部分とそれ以外の部分で音が違います。
ニセモノなのかと一瞬、疑いましたがそれにしては工作制度が綺麗ですし、わざわざ模倣品を作るほどの人気商品とは思えません。それに画像検索すると同シリーズはみんな同じように四隅に影が見られます。おそらくこういう仕様なのでしょう。全部に鉄の板を貼ってたら重さが大変なことになりますし。
しかし、四隅に配置してあると困ったことに、私のスピーカーではポジショニング的に後ろ足がラスク部分に乗らない形になってしまいます。LS1/5/2Aの足はDayton AudioのOS-2HDと言う製品を使っていて、後ろの足は間隔が狭くなってます。

IMG_1679.jpeg

IMG_1685.jpeg

そこで同じDaytonのOS-2M と言う足パーツ(アウトリガー)が余っていたのでこれらを組み合わせてこのように
IMG_1675.jpeg

足を伸ばしました。
ちょっとピンボケしてわかりにくいですが金属プレートを三枚重ねて延長し、追加足パーツを取り付けた形になります。この金属プレート、安いヤツを選んだせいで若干柔らかく、スピーカーの重さが乗ると少し撓んでしまいました。
でもこの撓み、はからずしも上の↓この構造

IMG_1681.png

と同じになっていて、水平方向の振動を吸収できてるのでは?
と、自分を誤魔化しつつも、実際に聴いて見るとなかなか制振されてます。
以前と比べると床から感じる振動が減り、低域が締まっているのがわかります。
触って確かめてみると、スピーカーと足パーツの接続部→金属プレートの部分→RASKと足の接点→床、と徐々に振動が減っているのがわかります。
結果オーライですw

IMG_1683.jpeg

今年もよろしくお願いします

新年あけましておめでとうございます。
どうも正月の地震の痛ましい事態に加え、すごくどうでも良いのですが駐車場で車をちょっと擦ってしまい、心がだいぶ憔悴しておりました。社会情勢など極めて不穏だった年が明け、今年こそはと希望を抱いていたその時に災害に遭うと言うのは、あまりにも残酷で正視に耐えません。

昨年末はだいぶ更新のペースを上げてましたが、一度、間を開けてしまうとなかなか腰が重くなってしまいます。オーディオの方が割と高いレベルで安定してしまって、手をつけるところがなくなってしまったのも理由として大きいのですが。
特に、無指向性スピーカーを加えたラインアレイの音がだいぶ良くなっていて、前の記事でもう1群、低域のラインアレイを加える計画を話していたものの、もはや不要なのではないかと言う気分になっております。無指向性スピーカーにはディレイを5msほど入れているのですが、これの効果がとてつもないです。ライブ盤なんかの再現力がすごいことになっていて、ここまで来ると流石に反則な感じもあり、戻そうかとすら思ってます。通常こういう音のいじり方をすると解像度が甘くなり若干歪みっぽい音になりますが、それが全然感じられないのが、戻すかどうかの悩ましいポイントになってます。おそらくオーディオに詳しくない人なんかがこれを聞いたら、ホーンは無論のことメインよりも良い音と言う評価をする人もいるかもしれません。

ウッドホーンの方も調整が上手くいって、以前より良くなってます。以前はホーンツイーターを抑えめにしてウッドホーンの存在感を強めにしておりましたが、アナログネットワークを廃しスロープを12dB/octから48dB/octに変えた結果、フラットめにしてもホーンの感じが出てる感じになったので、思い切ってハイ落ちを直し、なかなか良い感じになってます。しかしながら、ラインアレイのキャラクターが濃くなりすぎていて、ホーンの鳴り方はメインの下位互換のように感じてしまいます。

メインは調子良いです。サブサブの音圧とクロスを整えたおかげで30Hz以下の表現力が一層凄いことになっていて、オルガン曲で最低域が入ってる音源をかけると家が壊れるのではないかという不安すら感じます。世の中には綺麗に25Hz以下が録音されている音源が意外と少ないと言うのもわかってきました。

IMG_1649.jpeg

プロフィール

あべ

Author:あべ
DDC:MUTEC MC3+USB
AMP:hypex FA253(x2)+hypex FA502(x2)
SP:RAAL 70-10DAM+VOLT VM527+VOLT BM165.1(x2) / Fostex T90A+Fostex H325+JBL LE85+JBL 2231A+JBL 2231H / Dayton audio ND16FA-6(x8)+Wavecor FR055WA02(x9)/
SW:Dayton Audio LS12-44(2ch)+morel UW1058(x2,mono)
CDP:TEAC PD-H600
HPA:nuforce iconHDP
HP:AKG K601
POWER:KOJO TECHNOLOGYAray MKII

にほんブログ村

オーディオ ブログランキングへ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム