fc2ブログ

セッティング完了

IMG_1306.jpeg

新作ホーン38cmダブル、なかなか素晴らしいですね。
やっぱり低音に余裕感があって、力強いのに重くない低音が出てます。自分が理想とするホーンスピーカーの音に限りなく近づいている感じですね。100Hz〜500Hzを担当するミッドウーハーがメインSPの裏に隠れなくなり、ウッドホーンと距離的にも近くなったおかげで、解像度がめちゃくちゃ良くなってます。これはもうメインと質の高低で比較するのが難しく、タイプの違いしか認められない領域に入ってます。
予想より箱鳴りがある感じなのが惜しいかもしれませんね。音自体に雑味は出るほどではないのですが、触ると低音で振動が出てるのがわかります。板厚は2cmでメインよりも4mm薄いのですが、これより厚くすると重さの面で不安が出てくるので我慢しましたw 梁も鉄製と木製でいくつか入れていますが、やっぱり大きさのせいで制振しきれてませんでした。

↓作業中の写真。
IMG_1192.jpeg


大きさはウッドホーンを合わせると高さ118cm、横幅81cm、奥行き56cm。容量は約230リットル。バスレフポートは30Hzから出るように調整しました。WinISDというのを使いましたが、メインのときと同様にドンピシャのf特でした。このソフトはかなりの数のスピーカーユニットのTSパラメーターがデフォルトで入力してあるのですが、JBLのユニットは海外ではそこまで 有り難がられていないからか入っていなく、仕方ないので手入力でパラメーターを入れました。わからないところは何項目か空白で入れていたのですが、ホントに予測の線と計測値がまるっきり一緒で驚きました。


今回の工作における功労賞は1mのステンレス定規です。


圧着はビスでやりましたので下穴あけにめちゃくちゃ重宝しました。それまでは1mの竹定規で、微妙に見辛かったり軽すぎたりしましたがステンレス定規は当てやすく正確で素晴らしい。


今回、ダシーラも改造し、設置直後は酷い音でしたが、調整したらまともになりました。まともすぎてもう少し個性を出したい感じすらあります。
ラインアレイで、背面開放で、ショートホーンで、横にもオマケでユニットが付いてむちゃくちゃなスピーカーなのにDSPがあればまともに鳴ってしまうと言うのは、DSPの能力の反則ぶりがよく分かります。


前の38cmダブルの箱の中にビクトリノックスのスイスカードが入ってましたw
おそらくなんか作業してる時にバスレフポートから落としたんでしょう。無くしたのを完全に忘れておりました。

IMG_1307.jpeg

寝室用にも一枚増やしていたので計3枚になってしまいましたw どうせなら3枚目はLEDライト付きの方を買えばよかった……
スイスカードはいわゆる十徳ナイフがカードになったやつで、ペンやハサミ、ピンセット、つまようじなどが入って何かと便利です。特にハサミは、自分はワイヤーストリッパーを持っていなくて(厳密にはあるけど取りに行くのが面倒なので使ってない)常にスイスカードのハサミを使っていて、自作には必需品となってます。あと爪切りにもこのハサミを使ってますw
ナイフを外して車の中にでも入れておこうかな……


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

あべ

Author:あべ
DDC:MUTEC MC3+USB
AMP:hypex FA253(x2)+hypex FA502(x2)
SP:RAAL 70-10DAM+VOLT VM527+VOLT BM165.1(x2) / Fostex T90A+Fostex H325+JBL LE85+JBL 2231A+JBL 2231H / Dayton audio ND16FA-6(x8)+Wavecor FR055WA02(x9)/
SW:Dayton Audio LS12-44(2ch)+morel UW1058(x2,mono)
CDP:TEAC PD-H600
HPA:nuforce iconHDP
HP:AKG K601
POWER:KOJO TECHNOLOGYAray MKII

にほんブログ村

オーディオ ブログランキングへ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム