スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEF Reference1 レビュー2

グーグル画像でReference1を検索すると、私の部屋の画像が18番目くらいに出てきます。
しかもベッドがある時代の画像です。
あのセッティングはもう過去のもの!
検索にちゃんと今の画像が出るようにKEF REFERENCE1を再レビューしたいと思いますw
IMG_5550.jpg
しかしながらあの当時(4ヶ月前)とは殆どオーディオ経験値は変わっていません。(←ウソでした!Dynaudioの凄いヤツ聴いてました……別次元すぎたのかぜんぜん思い出せなかったorz追記)
この間、アルファペックスさんで804D3の試聴会に行きたかったんですけど、どうしても仕事の事情で行けなかったのが無念です。
なので、私の自作スピーカーとの比較からなんとなくイメージを掴んでいただくという方法で……
IMG_5550.jpg
まず前回のレビューです。
強調のない解像度によるクリアな音像。押し出し・拡がりも自然な、ニュートラルな音場感。そして大きな筐体がもたらす適度な低音。まさにReference(参照)と呼ぶにふさわしいスピーカーだと思います。モニターな音ともちょっと違い、硬さのないクリアさが楽器をリアルに表現します。
これは相変わらずです。
IMG_5550.jpg
写真のReference1の上に見える自作のDayton AMT2-4+Fostex FW168HR+Fostex CW250A。これはツイーターを逆相でつないでいて、尚且つ壁際に設置しているせいか物凄い奥行き、広がりのある音場感・定位で鳴ります。(TWの逆相繋ぎはヤマハのセンモニでも有名ですね)クロスオーバーのつながり具合が完璧でないものの、部屋全体に音が鳴るのに対し、KEF Reference1はスピーカーの間でカッチリとした定位で鳴ります。
左にあるFE103-Solダブルのバックロードバスレフは、フルレンジとスーパーツイーターを正相で繋いでます。ツイーターは殆ど補助であまり鳴っていないので、フルレンジ特有の音が前に出てくる感じは失われていません。KEF Reference1と比べるとReference1は自然な距離感に聴こえます。FE103-Solは高音に特徴のあるユニットなので女性ボーカルモノなんかはたまにSolダブルで聴いたりします。
IMG_5550.jpg
使用機器はPC→HEGEL HD25(DAC)→HEGEL H80S(プリメイン)→AR-50R(スピーカーセレクター)→Reference1 or FE103-sol+T90Aバックロードバスレフ or DaytonAMT2-4+FW168HR+CW250A
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Abbe Gelinek

Author:Abbe Gelinek
DAC:HEGEL HD25
AMP:HEGEL H80S
SP:KEF Reference 1/TangBand W8-1808+Dayton AMT2-4 石田式BHBS/Fostex T90A+Fostex FW168HR BS+Fostex CW250A/
CDP:TEAC PD-H600
HPA:nuforce iconHDP
HP:AKG K701/AKG K601/SENNHEISER HD650
POWER:KOJO TECHNOLOGYAray MKII

にほんブログ村

オーディオ ブログランキングへ

なんかランキングっぽいやつ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。