スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオ論

最近、思想ネタに偏ってるのでオーディオネタを入れたいところなのですが、なにせ金が無いのでオーディオをいじることもできず、特に披露できるものがないので、思想ネタをオーディオ論に絡めようかなと。(前と同じ)


実在論への転換の新しさとして言えるのは、ポストモダニズムにあった「グローバリゼーションで情報が即座に手に入るようになったぜ」という基本スタンスが、プトレマイオス的転回(メイヤスーの用語)によって「モノ自体にグローバリゼーションが内包されている」というような形になったことにあると思います。

個人的な話ですが、最近Windows7から10にして、OS自体に最初から広告やらスパイウェアwがプリインストールされているというスタイルに驚きまして、そういうのが「モノ自体にグローバリゼーションが内包されている」状態なのかなとしっくり来たわけです。そして定額聴き放題サービスですね。好きなジャンルを適当に選ぶだけで、そのジャンルの名曲から隠れた佳曲、アーティストの情報まで手に入ると言うシロモノです。ウィキペディアに載っているのだけでも今、30超もの業者が競っています。オーディオ機器自体にも最初からその機能が備わっているものも続々と出ているようです。その辺りの情報に関しましては、逆木一さんのブログ「言の葉の穴」で詳しく書かれていますのでご参照下さい。
現状、まだオーディオマニア、もしくは音楽の特定のジャンルのマニアのニーズを完全に網羅しているとは言えないようなのですが、これこそ「モノ自体にグローバリゼーションが内包されている」状態なのかなと。

一応、割と昔からアクターネットワーク理論という社会学の用語があり、モノ自体が社会の中のアクター(俳優・行為者)としてネットワークを持っていると言う考え方はあったんですが、まあ当たり前過ぎて、ポストモダニズムのヴァーチャルリアリティー的世界観を打ち破れなかったようです。モノ自体に無限の可能性を持たせるという極論によってようやく人間中心の考え方が打ち破られたように思えます。

で、オーディオ論に繋ぎたいのですが、まあ、↓2016/02/11の記事のツイッター以下の寝言みたいな文言は、よく考えたら「全てのオーディオはすでに作られている」という事にもなるわけで、そうなるとヴィンテージオーディオが最強って話になるんですが、新型のスピーカーを使ってる私としては立場がないです。
そこで新しい定義?を
「音楽はお前らの中にある。音を出すのはやっぱスピーカーだぜ」


……そろそろ思想関係は辛くなってきたな。

思弁的実在論に関係の深い哲学者、レイ・ブラシエのノイズミュージックです。

急進的オーディオ論

新しい唯物論

全てのメディアは最初から繋がっている

全ての音楽はすでに作曲し終わっている

あとは音を出すだけ

オーディオ最強\(^o^)/


真のオーディオの時代がやってきた感

クリスマス企画

今回はヤバいネタなので絶対に真似をしないで下さい。
とっておきのネタなんですが、いろいろとヤバいです。

こちら

注文してみました。


これです。
IMG_54101.jpg


電の皇者!
Made in Japan!!


あのオヤイデ電気の製品のはずですが……
あれですよきっと、中国向けに輸出したものが逆輸入されて来たんですね、きっと。
「電の皇者」でググると、あっちでのキャッチコピーみたいですし……
大丈夫なはずです。(責任は持ちません)

ケーブルを挟む部品が最初から割れていました。

う~ん……どうしたものか
オヤイデ電気はカッコイイDCプラグとか、他にはない製品を出しているので、何回かお世話になっているのですが、仮に偽物だとしても、何故そんなものが出回ってるのかなど、コンプライアンス上問題がありますよね……。

逆輸入説が正しいと思います!!

シミュレーションとシミュラークル

kaneyaさんからFW168HRのシミュレーションをしていただいているその頃、私はひとり、前記事の置き物スピーカーの上流の機材について悩んでおりました。
置き物
右の台、寝ながらテレビでPCをするときにマウスを操作したり、酒やおつまみを置いたりしている台なのですが、ちょっと広いのでそこにも何か置き物が欲しくなっていたのです。
そしてハードオフやらドン・キホーテやら電気屋やらホームセンターやらに行ってなにか適当な上流機器がないか探索しておりました。
こういう真空管ラジオなんかカッコイイなあとか思っていたのですが、一番安いのでも7000円くらい。鉱石ラジオなど安いのを探すと、小さすぎて置き物感がなかったり、ラジオチューナー本体となると大きすぎて台に収まらなかったり。

そうこう考えながら昼寝していたらあるアイデアが……
余ってるサテライトスピーカーやらキズ物のDACやらポータブルCDプレイヤーやらを駆使して出来上がったのが
こちらです↓

IMG_5426.jpg
ミニミニミニコンポ。

てか、先に作ったステレオ誌植物置き物が意味ないっすね。
流石にこれはなんというか、ガラクタの寄せ集め感が結構あります……
これをKEFのReference1の横に置いているのは、作った人に申し訳ない感じがしてきました。(ちなみにRef.1には「この人がハンドメイドしました」って言う証書みたいなのが付属してたりします。)
でも、セッティングに2~3時間かけているのでなんか撤去するのももったいない感じががが
ちなみに構成は
CDP:Sony D-EJ1000
DAC:Schiit modi
AMP:FX-AUDIO- FX202J
HPA:Audio-technica AT-HA20
SP:ONKYO ST-V30HDX
けっこういい音で鳴りやがります。
明日、明るい状態で見て撤去するか決めたいと思いますw

で、FW168HRのシミュレーションの件ですが、20Lまで容量を増やすと余裕で40hzまで出てるのを見て、箱の作り直しを決意しました。
問題は高さを増やすか、形を変えるか(でも台形とか圧着が一気に難易度上がりそう)

とりあえず今は音楽聴きたい。
kaneyaさんのバーバーの弦楽のためのアダージョにお応えする形で、佳曲ながらもあまり有名でない大作曲家の曲を。(バーバーが小作曲家という訳でもないんですが & 音楽のジャンルもkaneyaさんのお好きなものにすべきなのかもしれませんが)


PCオーディオのススメ(ボツ)

※この記事は企画倒れしてしまったので読んでも意味なし芳一です。

最近はネットワークオーディオプレイヤーなんてのも多く出ていますが、私はどのみちPCで何かやりながら音楽を聴くので、PCオーディオで十分だったりします。
PCオーディオにはいくつか関門があります。
1.静音PCの準備
2.DACの準備
3.リッピング・ダウンロード
4.再生ソフトの設定
などなど……
今回は4の再生ソフトを紹介しようかなと思います。

私のPCのデスクトップ画面です。
desuku.jpg

この再生ソフトはド定番のfoobar2000というフリーソフトですが、私のモノはスキン(外装)を変えております。

player.jpg

これ、シンプルなんですが作るの結構苦労しました。
上のバーは中心に左右各チャンネルの音の大きさ、その外に周波数。曲目リストの下には曲の左右各チャンネルの音量分布があり、縦棒は今、曲のその位置を再生してますよっていう棒です。

このスキンをなんと先着5兆名の方にプレゼントしちゃいます!

……と、思ったのですがこのスキンをエクスポートして、他のPCにインポートしても、その後、いろいろ設定をし直さないといけないことが判明しましたorz
プレゼントは中止になり、この記事自体意味なしに……

続きを読む

プロフィール

Abbe Gelinek

Author:Abbe Gelinek
DAC:HEGEL HD25
AMP:HEGEL H80S
SP:KEF Reference 1/TangBand W8-1808 BS/Fostex T90A+Dayton AMT2-4+Fostex FW168HR BS+Fostex CW250A/
CDP:TEAC PD-H600
HPA:nuforce iconHDP
HP:AKG K701/AKG K601/SENNHEISER HD650
POWER:KOJO TECHNOLOGYAray MKII

にほんブログ村

オーディオ ブログランキングへ

なんかランキングっぽいやつ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。